ようこそ!「湯河原の子どもの未来を考える会」へ

「地震、津波に強い学校を大人たちの力を借りて実現したい。」

これは、過去に行われた湯河原町子どもフォーラムでの子どもたちから発言された願いです。 

現状はどうでしょうか?本当に町や教育委員会は子どもたちの願いを、実現して下さっているのでしょうか? 

湯河原町は、湯河原中学校(旧湯河原高校)の土地、建物を、神奈川県から買い取りました。

買い取る利点はいったいなんなのか?説明を求めても明確な回答が得られません。

この買い取りは、本当に子供たちの安心・安全を考えてのことなのでしょうか? 

「湯河原の子どもの未来を考える会」は、湯河原中学校、湯河原小学校、吉浜小学校、東台福浦小学校、PTAのOB有志が中心となって、地域の方々で結成された団体です。 

中学校の場所についての不安の声を集め、湯河原中学校を移転させ、安全で、安心して通える学校を新たに作っていただけるように、行政へ届けるべく活動していこうと考えています。 

平成24年、署名活動にて配布したチラシです。